*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.06 (Mon)

せっちゃんのぶんかさい、うぃずいーぜるちゃん!

ちょっとは頑張って更新するつもりが出てきた美月です。気がついたら600hit乗ってたんで! 凄く嬉しいです! これから頑張って、hit絵描こうかしら? とりふぁー様の500hitまだ消化してないし。私の444ゾロメもやっていないし。
でも、テストの点が悪かったのでしばらく更新しないかもしれません(涙) ちっとは勉強しないと。ていうか点がよかったの、今日帰ってきた中で理科だけだよ。けっ

気を取り直して、昨日は我等が刹那先輩の高校の文化祭におでかけしてきました! 相方はイーゼルちゃん。声をかけたら一緒に来てくれたのでした。ありがとう!
本当はまーちゃんや津村先輩、和泉先輩、桂斗にも声をかけてみたんですが、ことごとく断られて、都合がついたのはイーゼルちゃんだけだったのでした(汗) 大勢で行けば楽しいのに。学校の連中を誘ってもいいんですが、大方吹奏楽部で休日も部活だという……ヒマシテンノハワタシクライネ(´A`)
で、その前日の四日に真紅からメールが来ました。昼前でしたか?

「H高校の文芸の冊子手に入れましたよ


……真紅を誘えばよかった!!

暇してんじゃん真紅! 挙句H高校の地元じゃない!
いや、マジでミスりました。うん、灯台下暗しというやつでしょうか……大失敗。更に、この失敗は後を引く失敗となる。

で、行ってきました五日! 地元F駅でイーゼルちゃんと待ち合わせして(イーゼルちゃんは中学の制服を着てきているのでした。可愛くてグッジョブ!)、電車に乗って移動。十時半過ぎにはH高校に到着。
「刹那さん何組だったかな……?」
そういえば今回、肝心の刹那先輩から説明を受けていませんでした。ていうか、行く前にメールしたんですよ? でも返事がなかったのでした。嫌われてんのかな;;
でも、まあ、ぶっちゃけ刹那先輩に会いに来た後輩二人なので、駄目もとでメールをしてみる。
「今H高校の文化祭に来ています。どこにいる感じですか?」
まあ、返事があるかどうか微妙そうだな、と思って軽く十分くらいほっといて、イーゼルちゃんとうろうろしてました。
そうしたら、

「中庭で遊んでる感じかしら。
今日はシフトが空いてるんで、友達のとこをぐるぐる……(以下略)」


着信は私が送ったわずか三分後……!!


あんた、即レスできるんじゃん……!
日頃あんまメールが帰ってこないからできない人なのかと……(失礼)
「シフト入ってないのかー。捕まえにくいかもなぁ」
美月はそう思っていました。で、あえないならじゃあ部誌くらいはもらっていこうかと(刹那先輩にとっておいてもらえないかきいたのですが、部数が少なかったので取っておいてもらえなかった。ならば早く取りに行かなくては!)、イーゼルちゃんを連れて文芸部のブースへ。
そして二人を悲劇が襲う。




部誌が! 終わってるし!
なくなってるし!


マジで真紅と行けばよかった(´A`)
そうすれば確実にゲットできましたよね? ですよね過去の私?
やっぱり部誌を確実にゲットするためなら、二日あるうちの一日目に行かなきゃ駄目なんだなあと、軽く落ち込みました。
や、土曜日はイーゼルちゃん塾でしたし? その多忙きわまるイーゼルちゃんと日曜日にこうして出かけられたんだから満足ですよ?
読むだけなら、見本で置いてあったのをしばらく読んできましたし。それに、いざとなったら部活で真紅に借りればいいから……(あのね)
前向きに考えるっていうのは、大切なことです。

気を取り直してイーゼルちゃんと文化祭をうろうろします。
「どうしようかー。何する?」
「どうしましょうか……」
そんな風に当てもなく廊下をぶらぶらしてると、どうなるか? ――確実に、出し物で客引きしているお兄さんやお姉さんに声をかけられるわけですね!
例外でなく、「いかがですかー?」と声をかけられた僕ら二人。縁日の出し物でした。
「どうするイーゼルちゃん? 君に任せるよ(笑)」
「あー…………、じゃあ、やりましょう(笑)」
そうしてお兄さんからスコアのカードをもらって、列に並ぶことしばらく。
くだらないことを話したり話さなかったりしていた私達二人に、奇跡が起こった。

「あれ……?」

私の視界が捕らえた、見慣れた姿の女の子(仮にも)。
縁日の出し物、ストラックアウトのボールを追い掛け回している、ピンク色のスタッフポロシャツを着用中の。
髪切ったのでしょうか、肩の長さで染めてない茶髪。
「すいませーん、もうちょっとつめてくださーい!」
軽い営業用のボイスを使っているのは、そりゃあもう当然。


「あれ、刹那先輩だよね……?」
「ですよね……?」


せっちゃんだった。(笑)

ていうか、あんた今日はシフト入っていなかったんじゃないのかよ? 中庭でうろついてたんじゃなかったのかよ? しかも何でクラスのポロシャツピンク色? 何で犬みたくボール追いかけてんの?
疑問は幾つも頭をつきましたが、とりあえずは僕らに声をかけてくれたお兄さんに感謝でしょう!(笑)
しかし、奇跡って起こるものなんですね、偶然ってあるものなんですね! やっぱり神様を信じます。
で、しばらく並んだら僕らの番が来たので早速、

「こんにちは、お兄さん?」
「やあ!」

元気だなあんた……。
一ヶ月二週間ぶりの刹那先輩でした。元気すぎて逆に引く(笑)

「ていうか、シフト入ってなかったんじゃないんですか?」
「入ってなかったよ?(笑) 助っ人助っ人」

人いいなあんた……。
ちっこい身体で無理するな?(失礼)

そんな感じで、丁度二年三組の縁日は混み始めていたところだったので、おとなしくストラックアウトともぐらたたきをプレイして、かるくそんな会話だけで終わらせて次に行った僕らでした。時間にして、大体五分くらいでしたか? 次の再会はそれから約一時間後、僕ら帰ろうかという話をして、その前にチラッと寄った時でした。
「え、友達?」
「あー、中学のね、後輩。一個下と二個下! ……凄いでしょ、年齢が低くなるにしたがって背が高くなるんだよ!」
学校で、さらには友達の前でも相変わらず過ぎました(笑) 私達二人を横に並べて、ご友人に笑顔で説明。なるほど、貴方まだ自分の背が低いの気にしてるな……(ぇ

というわけで、後はイーゼルちゃんとH高校最寄の駅前のドトールでお昼を食べて、無駄にだべって帰りました。
何時間話したか問えば、私はこう答えますよ? たっぷり二時間ちょっと。

何しに文化祭行ったのさ! 部誌はもらえなかったし、せっちゃん相変わらずだったし、イーゼルちゃんと語りまくってるし。
でも楽しかったのでした。刹那先輩もイーゼルちゃんも元気そうだったので私は幸せです(笑)


書き終わりました……あー、疲れた。(笑)

16:40  |  With…  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

612踏みました(´・ω・)ノ
真紅です。

某H高校はチャリ10分で着きますw

部誌もらえなかったのか~
ドンマイですな。

5日は桜陽行ってたんスけど、僕らの5分の1くらいの厚さの部誌が有料で販売されてました。
さすがに買いませんでしたw

桜陽のPC部のPCにミクと東方が入ってて感動しました(
真紅 |  2008年10月06日(月) 21:59 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://beautifulmoonsblog.blog98.fc2.com/tb.php/52-bb531140
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。