*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.29 (Mon)

サンクス☆2345hit!! リク消化♪

美月ですわ!(お嬢様口調である意味はありません)
いよいよキリ番が仕上がったのですわ!
このブログで提供する四枚目のキリ番なのですわ!

いつもお世話になってる後輩・イーゼル様に捧げる2345hitのキリ番。つーか彼女は二回目ですね、階段の番号を踏むの(笑)
リクエストテーマは「アルバイト」。
マックとかファミマとか、だったので、こんな感じに消化してみました。ご堪能くださいませ。


Thanks 2345hit!!



参考URLとして日本マクドナルド様に繋いでおきますね。イラストに出てくるあのMのマークは仮にも登録商標なので。

……ま ん ま で す け ど 何 か ?(爆)

リクエストテーマが「アルバイト」、且つ出てきていたバイト先の例がマックとファミマだったので、前者のマックにしてみました!
いや、高校生のアルバイトといえばマックですよね。僕の知り合いでも、マックのバイトをしている割合が異様に高いです。
バレー部の四人組。ムツ、ユキ、メグ、ミキ♪
……小説の中では、「タイムカプセル」や「メロディーフラッグ」の一部を除いて中学生な彼らですが、多分高校二年生の春休みとか、四人揃ってバイトしたりとかしてたんだよ! ほら、ムツの親戚にマックの店長さんやってる人がいてさぁ、「次のバイトが見つかるまで短期でいいから入ってよー」みたいな、そんな感じで。
最初は「中学校の職業体験かな?」とか考えていたんですが、よくよく考えるとここ数年でマックの制服はイラストの通りに新しくなり、彼らが中学生当時の制服はこれではないことが、イラストを描き上げてから判明したので多分高校生のアルバイトなんじゃないかと。
だから、高校生だとすれば何故かコンタクトに変えたはずのメグが眼鏡っ子だという不思議なこととなり、中学生だとすれば制服が時代にあっていないという大変不思議なイラストに……
まぁ、多分前者です。ほら、長期休暇中は眼鏡っ子にリターンしてそうな男・浜野恵(笑)
なんかこのイラストに付属する小説が書けそうです。

 * * *

自分で考えたサブテーマは、書いてあるとおり「スマイル0円」! マックと言えばやっぱりこれですよね。注文している人見たことないですけど←
マックの制服は、ムツ・ユキ・メグはちゃんと男の子用のバイトの制服ですが、ミキだけ女の子用。だから、かぶってるのがキャップじゃなくてサンバイザーなのです。我ながら細かいな、うん。それゆえ画面には映っていませんがスカートはいてますよ。……最近ミキを女装要員としか捉えられない僕。
恐らく、親戚のおっさん店長に「バイトの仲間は三人つれていきますよー。男二人と、女の子一人ね」みたいなことをムツがわざと言って、用意された制服が女の子用だった、と(笑)



「なぁ、ムツ」
「何だい、ミキ嬢ちゃん?」
「…………なんで俺の制服だけコレなの!?」
 俺はムツを睨んだ。まさか。
「んー、いや。おっちゃんに、『バイトの仲間は俺含めて、男三人女一人でよろしく!』って頼んだんだよ。ミキは名前も、振り仮名『みき』ってふっときゃ男だとはばれないし――出るべきところが出てないけど、まぁ見た目もほとんど女だし、いっかなーと思ってさ。……名前だけを見るならユキの方が女だって騙すのは簡単ではあるけど、何せ見た目は可愛いとはいえガチで男だからなぁ、ユキは」
 ガチで男で悪かったな!
 いや、何も悪くねぇけど。
「何でそんなことするんだよー、もうっ!」
 ミキは怒り心頭らしい、頬をぷくっと膨らませて抗議の表情を作っている。……哀しいかな、滅茶苦茶むっとしているのはわかるんだが、顔立ちが女々しい上にあどけないから無駄に可愛く見えてしまっていた。
「えー。だってさー、……ミキのマックのお姉ちゃん姿、見たいじゃん?」
 そうしてミキに睨まれても、ムツはしれっとそう言ってのけ、マックの女子制服を手にしたミキを実にいやらしい目つきで眺め回してにやりと笑う。コイツ本物の馬鹿だ。
「無理だろ! ただのコスプレならまだ何とかなるけど、バイトじゃ駄目だろ! 喋ったらバレるってばさ!」
「平気だって。ミキならちょっとくらい声が低くても、見た目が可愛いから何もかも許されると思うぜ? それにさ、肝心のおっちゃんがさっきミキ見ても男だって気がつかなかったし」
「嫌だよー! コスプレはいいけどバイトでは駄目ぇぇぇぇっ!」
「何を言ってるんだミキ! コスプレした時のブリ声の作り方はこの前部室で教えただろ! 黙って素直に実践すりゃあバレる訳はないんだ! 俺の灰色の脳細胞はそう結論を出した!」
「黙ってたらブリ声実践できねぇよ! あと、灰色の脳細胞は頭が悪そうだよ! ムツ、それでなくても頭悪ぃのに!」
「あーもう、ごちゃごちゃうっせぇ!」
 ムツは叫んだ。
 すがり付いてポカスカと自分の胸を叩いてきていたミキを引き剥がして叫んだ。
 その後、こんな台詞と共に向けられたにたぁっという本気で脳みそ不足気味なムツの表情を見て、ミキはひぃっと悲鳴を上げる。
「さぁさぁ、聞き分けのねぇこと言ってないで、さっさとマックガールになるんだ! 脱げ! 脱がないなら――お兄さんが脱がしちゃうよーんっ!」
「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁっ」
 セクハラの現場だ。
 ……かくしてミキは、唖然とする俺とメグの前でムツの手により無理やりに着替えさせられ(その間の叫び声の応酬といったら凄かった。ミキが「やめてぇぇぇ! 離せー!」「だ、駄目……ぎょえぇぇぇぇっ!」「せ、せめて自分で脱ぐから離してよーっ!」とくれば、ムツは「どりゃぁっ!」「喰らえ、忍法☆エビ剥きッ!」「最初っから素直にそうしておきゃあよかったんだ!」ってな具合である)――
 数分後、俺達の前には守ってオーラ出しまくりな涙目の完璧なマックガールが完成していた。
「ううう……どうしよう。俺、マジでお嫁にいけないよ……」
「うんうん、そんときゃ俺が貰ってやるから安心しろ」
「ムツはヤダ……メグがいい……」
「ええぇぇっ、僕!?」
 あーもう。
 ……すまんミキ。ぶっちゃけ、たまりません。
 とりあえず、こいつが冷凍されたポテトのどでかい箱を運ばされるようなことがあれば絶対に代わってやろうという強い意志が、この時俺の中で芽生えたのは確かだった。


……みたいな。
完全に即興で書いたんですが、多分こんな感じ。ミキてぃドンマイ、そしてむっちゃんグッジョブ!(笑)
メグが一言しか喋ってない罠。

 * * *

そんな感じですったもんだの後、最後にムツが「この格好で写真撮ろーぜ♪」とか言い出して、撮った写真みたいなイメージで描きました。(←ここにたどりつくまでの説明長すぎるでしょ)
この頃にはもうミキは完全にマックガールになりきってしまっていて、ガッツリ笑顔です(笑)
メグは相変わらずの人のよさそうな人害無縁の笑みで、ムツは流石ですね。モデル候補の笑み。よくわかっていらっしゃる……
んで、ユキの滅茶苦茶ぎこちないこの笑顔!(爆)
彼はスマイルをタダで振りまくような人ではございません。ムツに「笑え! 笑え!」と言われて無理やり笑った表情。
ええ、秀逸です。秀逸ですとも。

 * * *

自分でも吃驚するくらい面白く描けたので、待ち受け加工して現在使っています。
追記に置いておくので、ぜひ落としてみてくださいねー。
240*400サイズです。

ではでは、最後にお約束。
イーゼルちゃんは全部持ち帰り・転載OKです。それ以外の方々は、待ち受けの方はフリー配布という形で。
いずれもサイズ変更以外の加工は堅く禁止させていただきます。ご了承を!


ということで追記です。
美月でした♪ 2345hitありがとう!!


スポンサーサイト
11:31  |  小説・キリ番  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.31 (Mon)

「メロディーフラッグ」 後編

多くは語りません、美月です。
前回更新の「メロディーフラッグ 前編」、続きの後編です。流石に前編を読まないと話がわからないと思いますので、そこのところはよろしくお願いします。
また、前回記事に書いてありますが、作中に登場する歌詞はBUMP OF CHICKEN様(LONGFELLOW・トイズファクトリー)の「メロディーフラッグ」から引用しております。著作権は著作者様に帰属しています。
詳しくは前回記事を参照なさってください。

それでは、後編をどうぞ。
追記からです。


13:30  |  小説・キリ番  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.30 (Sun)

「メロディーフラッグ」 前編

前回かなり急に小説廃人っぷりを露見しました美月です。
今回も前回に負けず劣らず小説廃人っぷりをお見せしようかと……
何か、最近マイブームなのかな? 小説廃人という単語。気がつくと言ってしまう←

はい、小説です。十月の終わり辺りに出す部誌用に書き下ろした作品なのですが、規定の分量を超えてしまったので没に……という代物。よって、ストーリー的に手を抜いた所は一切ござらん! 楽しんでいただけたらコレ幸い。

題名にもあるのでわかる方はもうお分かりかと思いますが、作中BUMP OF CHICKENさまの「メロディーフラッグ」という曲の歌詞を引用しております。作中歌詞は美月の著作物ではありません。著作権はBUMP OF CHICKENのメンバー様と作詞・作曲者の藤原基央氏、所属事務所のLONGFELLOW様、またレコード会社・トイズファクトリー様に帰属します。

よって、以下引用情報を明記し著作者様関連のページをリンクしておきます。(敬称略)
***
メロディーフラッグ/作詞作曲・藤原基央/演奏・BUMP OF CHICKEN(所属・LONGFELLOW)
アルバム「jupiter(2002年2月20日リリース・トイズファクトリーより)」収録、七曲目

BUMP OF CHICKEN official web site…http://www.bumpofchicken.com/
TOY'S FACTORY…http://www.toysfactory.co.jp/index.html
HIP LAND GROUP(有限会社LONGFELLOW設立元)…http://www.hlg.co.jp/index.html
***

ご意見ご感想ご批評、なんでもかまいません、お待ちしております。
後編は翌日の更新予定です。

では、コメントのお返事を。

>とりふぁー様
なんと! いつも一件は大抵本館のカウンターが回っていると思ったら、とりふぁー様でしたか! ありがとうございます。放置しっぱなしで申し訳ありません(汗)
惚気なしの夏になってしまいましたが、まあ、ご容赦いただきたいと……orz

バイクに限らず、メンテナンスって結構費用かかりますよね。父はバイクも車も年代モノですので、毎回修理にかけている費用を見ては「新車が買えるよなぁ」などとこぼしております(笑)
ですが、それだけの費用をかけられるだけの価値のあるものをお持ちと思えば、原付一台と比べずとも……!
うらやましい限りです。


それではそれではそれではっ、第一位の発表……じゃなくて……(BOCの「O・TO・GA・MEはーと」のネタ)(わかる方いらっしゃいますか?)
本編の小説です。追記からどうぞ!



10:23  |  小説・キリ番  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.18 (Tue)

遅くなり候! 1111hit & 1234hit

はい、本当に遅くなりました。だって何ヶ月も前のキリ番報告だよ? 今更更新するって何? ……いや、キレてる場合じゃありませんね。マジですいません!

夏休みでそれなりに時間ができて、何とか頑張って仕上げました。ご堪能くださいませ……

 * * *

まずは1111hit、高井戸辰巳様、いや今は参宮橋綾瀬様ですね……からのリクエストです。
リクテーマは「大人」。最初は何のこと? と思ったんですが、よくよく聞けばリレー小説に登場中の僕らが大人になったら、な感じを描いて欲しいとのことで。
で、何とか描いたのがこちら↓

Thanks 1111hit!!


……大人?

何ですか、それ? ……いや、とりあえず大人にするんだったら頭身上げておけばいいんだろー的な軽い気持ちで下書きしたら、とんでもないものが出来上がってしまいました(汗)
やたらみんな童顔のままな気が。
というのも、これリクいただいてから五月くらいに下書きしたんですよ。ペン入れまでして、その後二ヶ月くらい放置してあったんです! だからちょっと絵柄が古い感じ、かつ少しへたくそなのです(今でも下手だけど)。気にするな!(笑い飛ばす)
塗り上げたのはつい一昨日くらいです。
左から真紅、美月、セツ、桂斗、辰巳です♪
真紅と僕がやたらそのまんまになってしまいましたねorz
で、桂斗はどこの銀行員? みたいになった……辰巳はうん、どうなんだろう。歳相応?(ぇ
セツについてはもはや何もいうことはありません。

こんなものでよければ、ぜひ受け取っていただきたいと思います!
1111hitありがとうございました☆

 * * *

続いてこちらも常連、後輩・イーゼル様の1234hit。メールがあってキリ番踏み報告を受けまして。
リクエストテーマが「危ない」、危ないの意味は適当に変えてもらってOKですみたいなリクエストでした。
危ない?
しばし考えて、かなり考えて、考え込んで、描き上げたものがこちら……
男性の皆様、非常にすいませぇぇぇえぇぇぇん!!

Thanks 1234hit!!


超すいません。はい。
危ないというテーマを聞いて、最初は「あぶない刑事」(舘ひろしさんと柴田恭平さんのコンビが面白格好いいよね♪)みたいな感じを考えていて、それで下書きまでしてしまったんですが、途中から何か違うなー、と思い出しまして……
描いた下書きを全部消して、路線変更。
や、中学とかの少年達を見ていると、その行動の一つ一つがやたら危なくないですか? というやつです(言い訳くさい)
高校に行くとなくなるんですけどね。中学の時はやたら引っ付いたり戯れたり飛び掛ったりなんだり、見ていておわっと思うことも多かったものです。
こういうの描くんだったら本当は少女達の方が目にはいいのかもしれませんが、危なくはないかなぁと……ただ生々しいだけで(ちょっと待て)
「タイムカプセル」より、この前も登場のユキとムツです♪
別にユキ、すなわちセツがっていうんじゃなくて、何となくムツはこんなノリの子なんじゃないかな、と彼らが出てくる小説を書きながら思います。ていうか、むっちゃん誰にでもすぐにこうやって飛びつき過ぎだ! スキンシップ好きっ子なんだね。
で、とくにむっちゃんのお気に入りがゆきたんだったもんだから、彼の中学時代はこういうのが日常的に見られたのではと思います。

とにもかくにも1234hitありがとさんでした!
昨日イーゼルちゃんのブログで私も345hit踏んだので、リクエストしたイラストが楽しみです☆

 * * *

裏話。
これ、下書きは辰巳のリクの方が早く終わったんですが(イーゼルちゃんにいたっては一度下絵書き直しているし)、仕上がったのは断然イーゼルちゃんの方が先でした。
しかし、カウンターの数字の問題上、先に仕上がってもイーゼルちゃんの方を先に更新するわけには行きませんでして……
いやはやお二方、申し訳ないです。

 * * *

最後にお約束。
無断転載と、形がわからなくならない程度の縮小以外の加工・加工しての二次配布は禁止いたします。お二方は当然例外で転載OKですよ! まぁ、転載しようとも思わないかー(笑)

ではでは、ありがとうございました♪ これからも当ブログをよろしくお願いいたします。美月でした。
コメントへのお返事は次回以降へ持ち越しとさせていただきます。ご了承くださいませ!

12:50  |  小説・キリ番  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.18 (Sat)

「タイムカプセル」 執筆後記


部誌に入れたカット。



「タイムカプセル」閲覧ありがとうございました! コメントからの批評・感想、大変嬉しく思います。参考にさせていただきますので、まだの方も是非、また既にコメントをくださった方も加えて、ご意見いただけたらと!(厚かましい)

という訳で、執筆後記です。今年の部誌に載せた小説で、掲載時にはあとがきが付属していたのですが、私はそういったあとがきにはネタバレを含ませない性質なので、そこでできなかった「こだわり・言い訳」をしようかと。だから、執筆後記というよりは言い訳です!(ヲイ)
どちらにしろ「タイムカプセル」前後編を通して読んでいただかないと大きくネタバレしますので、未読の方は読んではいけませんよー。

内容は、執筆後自分で予想した指摘されるであろう評価点・問題点、それに対する言い訳やこだわり、それを踏まえての追求点になります。これについてのご意見も、コメントの方からお待ちしております。


==予想された評価点==
・「タイムカプセル」という王道のネタによる安定感
→爆傷様にも評価いただいた点です。高校文芸部誌用の原稿なので、主たる読者となる学生に受け入れられやすい、また王道で安定のあるネタを使いました。また、学生でなくても「タイムカプセル」という内容なら世代を問わず受け入れられるのではないかという、せこい計算もあります。
・語り部ユキの独特の語り口
→高校で、読者から直接評価いただいた点です。突っ込みや独白をそのまま取り入れた、形にとらわれない自由な語り口が、硬くてとっつきにくい文語体などの地の文を苦手とする学生の共感を得たということのようです。
・部活、スポーツ、学生、友情の要素
→最も学生に好まれる要素を全て取り込むことで、読者の興味を引くことができるのではと思いました。学生というほとんど自分と同じ年代の登場人物、部活動を行なっている・スポーツをたしなんでいるという共通点、永遠に変わることのない友情の重要性が、学生を主として、かつて学生だった人にも受け入れられるのではないかと。
・非現実的な外見の分、人間臭い性格の登場人物
→外見が非現実的である(イケメン、美人、優等生)分、「こういう人、いる!」という王道パターンの性格の三人を友人として登場させました。あるあるネタです。馬鹿でポジティブハイテンション、人がよく気が利く真面目っ子、天然系元気萌えっ子、といったオーソドックスなキャラクター。
・台詞、語り部内での言葉遊び
→繰り返し(天丼)、もじり、言い間違い、対句、比喩など、文学的にも楽しめる言葉遊びの要素を、うるさくならない程度に取り入れようとしました。

==予想された問題点==
・タイムカプセルについて、内容に踏み込んでいない
→爆傷様に指摘されたのと大体同じようなことです。折角のタイムカプセルという内容なのに、すぐに「何かを埋めた」という疑問が解決されてしまい、中身から読者の興味が離れていってしまうことになってしまいます。
・登場人物にリアリティがない
→現実離れした外見を始めとし、あまりにオーソドックスすぎる性格が読者に受け入れられるか、かなり疑問です。
・唐突過ぎる展開が多すぎる
→後編の最初「回想シーン」に入るきっかけや、同じく後編「……。何というか。 ~ 少し、遠くに感じられた。」の部分、最後・タイムカプセルに入れていた写真に対する伏線など、説明や伏線が足りない部分が多く、結果展開が唐突になりがちになっているように思われます。
・ユキの語り口が、あまりに話の真相・テーマに直接的に触れすぎている
→後編の最後、バレーボールをするシーンにおいて、ユキの語りが直接的に話の真相・テーマに触れすぎている感が否めません。
・地元駅名が、知らない人にはわかりにくい
→地元駅名・地名の使用は読者を選んでしまう可能性があります。
・全体的に盛り上がりなど山場がなく、メリハリに欠ける
→タイムカプセルという内容である故、どんでん返しや派手な山場がなく、全体的に平坦になってしまいました。こういった平坦さが、常に読者に受け入れられるかに疑問が残ります。


==問題・評価点に対するこだわり、言い訳==
・タイムカプセルという王道の内容だからこその、非現実的な登場人物
→タイムカプセルというテーマが王道且つ現実的であるので、そこで更に現実的過ぎる登場人物を設定してしまうと、あまりに現実的過ぎる面白みのない物語になってしまうのではないかと思い、あえて「イケメン、美人、優等生」という容姿の導入をしました。その分、現実離れし過ぎないように、王道パターンの性格を多彩に導入することにしました。
・タイムカプセル→中身からよみがえる過去→大切な思い出、というパターンの放棄
→中身にまつわる「過去」、「思い出」というテーマに落ち着きがちな「タイムカプセル」ネタですが、そういった既存の展開に依存せず、あえて「過去」ではなく「現在」「未来」をも見据える「変化」というテーマを主題に持ってきました(タイムカプセルの中身が重要なのではなく、そのために友人と会い、発掘作業を共同で行なうという工程が大事。よって、早いうちに「何かを埋めた記憶」が解決されてしまっている。中身はあまり重要でないが故の早期問題解決)。上手くいったかは疑問です……
・バレーボールというスポーツ、部活要素の導入
→先に評価点でも書きましたが、スポーツや部活を実際している人・していた人の共感を得やすいかと思い導入しました。また、バレーボールというスポーツは、他の球技に比べて「一人が圧倒的技術を駆使して形になる(サッカーなどは、一人上手い選手がいればそれである程度成り立つ)」要素が薄く、協調性やチームワークがより深く関わるバレーボールを選択しました(アタックとトス、レシーブなど、一人の人間だけで競技を行なうことは不可能。チームでの協力が必要となる)。
・閉じカッコ直前の読点など、本来ならルール違反である表現の導入
→次へと台詞が続くことの強調表現として、あえてルール違反を犯し読者の注意を引く手法(?)
・地元駅名の利用
→実際の地名・駅名を利用することにより生まれるリアリティをストーリーに活かそうと導入しました。また、詳しく知っている人にはくすりと笑っていただけるような遊び心でもあります(逆に、知らなくてもストーリー展開に大きな支障はない)。
・男子同士での緩めの友情という新ジャンルの開拓・確立
→漫画になりますが、「らき☆すた」「けいおん!」などでよく描かれる女子同士での緩い友情を、多く少年漫画のように「互いに支えあい強くなっていく」パターンの友情を描かれやすい男子でやってみたら、新しいのではないかと思い挑戦してみました。あまり濃くなりすぎるとBL風になりかねないので、そこには気を遣いました。でも、少し行き過ぎた感が……でも、描いてて面白かったので見逃していただきたいです!

==追求・課題点==
・文章の量に限界があり、原稿を削った結果唐突過ぎるシーンが多くなってしまった
→推敲を重ね、表現を絞り、ストーリー展開をなだらかにする必要性がまだまだあるように思います。
・あまりに直接的にテーマに触れすぎている
→わざわざ直接言葉にせずとも、読者がストーリーから感じ取れるような小説を書くことが大切かと。
・若干女性向き? になってしまった
→読む人を選ばない、誰しもに等しく興味を持ってもらえる、あるいは嫌われない内容や展開を選ぶ必要性があるようです。未熟だなぁ私も。


こんな感じです。いかがでしたでしょうか?
ご意見ご感想ご批評はこれからもずっと募集いたしますので、何かございましたら是非コメントの方から。
スパム投稿防止のため、承認制非公開にしていますので、お返事など遅れるかとは思いますが、よろしくお願いします。

ではでは、夏休み満喫中の美月でした♪
正直、この四人での話は色々書けそうなのでうまうまです。

16:22  |  小説・キリ番  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。